セッション内容

AWSを使ったoViceの着想からβ版リリースまでの開発ビハインドストーリーとこれからの技術チャレンジについて


登壇者

ジョン セーヒョン


ジョン セーヒョン/oVice株式会社 CEO
1991年生まれ、オーストラリアで高校卒業後、韓国に帰国し、貿易仲介事業を起こす。東日本大震災をきっかけに日本の大学に進学し、IT企業の企画インターンを経て、大学在学中、大阪で起業し、越境関連IT事業を行う。複数のベンチャーキャピタルから資金調達を行い、2017年、東証一部上場企業に会社を売却。2019年からはAI・ブロックチェーン・RPAなど、先端のIT技術のコンサルティングを行っており、2020年において新たな技術を創造するためのNIMARU TECHNOLOGYを設立。コロナによってアフリカで足止めされたことをきっかけでoViceの開発を始めた。

資料

now writing